車両保険加入のデメリット

月々の保険料が高くなることがある


車両保険は、自損事故の際の車の修理や買い替えなどの際に役立ちますが、月々の保険料の支払額が高くなるというデメリットがあります。特に、高級車の所有者が車両保険に加入をする場合には、ひと月あたり一万円以上の料金が発生することもあるため、契約前に加入の必要性についてじっくりと検討することが大切です。最近では、ネット上で加入手続きを済ませることで保険料が安くなる車両保険も増えていますが、契約期間を長く設定すると少なからず家計に負担が掛かるため、定期的にシミュレーションを行ってプランの見直しをすると良いでしょう。

なお、車両保険の契約後に後悔しないために、信頼のできる保険会社の担当者にニーズに合うプランを提案してもらいましょう。

保険金の受け取りの際の手続きが面倒なことがある


車両保険に加入をしていた人が自損事故の保険金の申請をする場合には、様々な書類の準備をしたり、保険会社の担当者に連絡を取ったりするため、結果的に長い時間が必要となるケースも少なくありません。また、保険会社の方針や契約プランの内容によって事情が異なりますが、自損事故のすべてのケースで満額の保険金が支払われるわけではなく、素人にとって手続きが面倒になることもあります。そのため、様々な理由で車両保険を選ぶにあたっては、加入者に対するサポートが手厚い保険会社を探したり、時間を掛けて保険金の受け取り方について勉強をしたりすることが大切です。

その他、加入先の候補を見つけるために、実際に契約者数の多い車両保険に加入している人の体験談を参考にすると良いでしょう。