傷害保険の選び方

ダイレクト型を選択しよう


自動車保険はダイレクト型と代理店型が用意されています。前者は通販型とも呼ばれているものでインターネット上で手続きできる仕組みです。自ら店舗に出向く必要がないため手っ取り早く契約をしたいときにいいでしょう。代理店型は店舗で説明を聞くことができるのが強み、初心者でも担当スタッフが丁重に説明を行ってくれます。基本的にダイレクト型は保険料が借りやすく設定されているのがメリット、代理店と違い代理店手数料がかからないです。

またインターネット割引や早期割引といった独自のキャンペーンも行っているのでコストを抑えたいときに活用できます。初心者は専門用語に戸惑う人もいるため、ある程度保険に慣れている方におすすめできるのがダイレクト型です。

状況で使い分けるのが賢い選び方


通学通勤で自動車を使うときには対応する自動車保険を選ぶといいでしょう。例えば運転できる方が限定されている場合、自分だけが運転をするのなら自分限定にすることで保険料を安くできます。こちらは限定対象者以外が運転をすると保険が効かなくなってしまうため注意が必要です。一般的に通学や通勤使用をするときは保険料が高くなる傾向があります。保険会社ではレジャー使用や通勤通学使用、業務使用が用意されていて業務使用が一番金額が高いです。

一番安いの日常レジャー使用なので覚えておきましょう。利用する頻度が週5日未満や月15日未満だと安い日常レジャー使用にできます。走行距離により値段が変動するものもありますが、一律のものもあるので状況に応じて使い分けるといいです。