車両保険の選び方

車両保険には種類があります


車両保険には「一般車両」と「車対車+限定A]という2つの種類があります。この2つの違いは保険料が高いか安いかですが、保険料の違いは補償内容の違いからきます。補償する内容が多いのが「一般車両」で少ないのが「車対車+限定A]です。もちろん前者のほうが保険料は高くなっています。
後者に「限定」という言葉があることから想像がつくでしょうが、後者は限定された事故しか補償しない契約内容です。それ以外でも補償を受けたいときは一般車両」に加入します。「車対車+限定A]の補償内容を紹介しますと、車やバイクとの衝突・接触、火災・爆発・台風・洪水・高潮など、盗難・いたずら・落書き・窓ガラスの存在・飛び石による損害です。
ここで注意が必要なのは車やバイクとの衝突・接触のケースです。この事故では相手の車およびその運転者または所有者が確認されていることが条件となります。

免責金額を利用して車両保険を節約する


車両保険に2つの種類があるのは保険料を節約するためですが、それ以外にも節約する方法があります。それが免責金額を上手に利用する方法です。免責金額とは「車両保険を使う場合に自分で負担をする金額」です。例えば、免責金額を3万円と設定しているケースで修理費用が10万円かかったときは、保険で支払われるのは7万円で3万円は自分で払うことになります。仮に、修理費用が3万円だったときはすべて自分で払うことになります。
このように説明しますと損をした気分になりますが、実は保険料を安くできるというメリットがあります。保険会社からしますと、補償する範囲が狭くなることですので保険料を安くできるというわけです。なお、免責金額の設定方法には「増額方式」と「定額方式」があります。基本的に車両保険は高いのが普通ですので、免責金額を上手に使って少しでも保険料を安くする工夫をすることが大切です。